FF14で楽器演奏するかたにぜひ知っておいてほしいこと

2017年12月04日 01:28

パッチ4.15で吟遊詩人の楽器演奏が実装されてもうすぐ2週間。
以前別のゲームで演奏をやっていたというのもあり、エーテライト前とかで鳴ってるハープの音を聞いていると、なんだか懐かしい気持ちになります。
わたしも「ここでもう一度演奏をやってみたい」という気持ちになり楽譜を作ったりしているのですが、ちょっと気がかりなこと、他の方の演奏を聞いていて気になったことがあり、今回この記事を書くことにしました。

この記事、本当に書くべきかどうか悩んだんですよ。

せっかくの楽しみに水を差すことになるかもしれないし、以前のわたしを知ってるひとは「おまいうw」と思うかもしれない。
だけど何もかもなくなってしまってからでは遅いので、この楽器演奏をFF14の文化としてこれから根付かせていくために、演奏をする方にはぜひ知っておいてもらいたい。


昔話になりますが、わたしはFF14を始める以前、某国産の老舗ネットゲームをプレイしておりました。そのゲームにはかなりマニアックな楽器演奏機能があり、そこでわたしは仲間たちと自分の好きな曲を演奏していたんです。
一応ゲーム規約にはフワッとした感じで「著作権にふれるかも~」みたいには書かれていましたが・・・

まあ~ 読んでませんよね・・・ (;´ー`)

法律の専門家でもない一般人の感覚では、客からお金を取ってるわけでもない・個人的にやってる演奏なんだからなんで著作権関係あるの? くらいの感覚だったと思います。
運営も全く取り締まるようなことをしないため、時々ユーザーの間で議論にはなるものの、グレーな状態のまま数年の時が流れました。

そして著作権法の改正と時を同じくして、だんまりを決め込んでいた運営から唐突に規約の追加があります。

それは「著作権者から許諾を得ずに本ゲーム内で音楽を利用することの禁止」

つまり、演奏許可を得られない楽曲はすべてゲーム内で演奏することが禁止ということでした。

この時点でわたしは公式の見解を重く受け止め、自分なりにその意味を調べたうえで、すべての演奏活動をきっぱりやめました。

ユーザーと運営、双方の甘さが招いた悪い例です。

これはわたしの素人見解ですので間違っているかもしれませんが、ゲーム内の演奏というのはリアルで行う演奏と全く意味が異なります。ゲーム内で演奏するということはインターネット上に音楽を配信する行為にあたり、著作権法の公衆送信権の部分に引っかかる可能性が高いのです。規約以前に法律に抵触する可能性が高く、もし問題が表面化すれば矢面に立つのはユーザーではなく運営会社となります。だからこそ著作権絡みの問題が起きやすいコンテンツは慎重にならなくてはいけないのですが、今もユーザーの間で普通に規約違反の演奏行為が続いている事からも、規約改定もポーズだけで運営の対応がお国柄もあって甘いのでしょう。


話を戻します。

いろいろ難しいことを書きましたが、知ってもらいたいことはたった2つ!

①FF14のゲーム内で演奏していい曲って?
・ファイナルファンタジーXIVゲーム内で使用されている楽曲
・GLAYの「the other end of the globe」
・著作権者がFF14内での演奏(データ送信行為)を許可している楽曲
パブリックドメインの楽曲

はっきりと「楽器演奏を使って第三者の権利を侵害する楽曲を演奏することは固く禁止されています。」と書かれていますが、裏をかえせば上記4つのどれかに該当すれば演奏可能と思われます。(2017/12/4時点)
ドラクエやジブリの曲を演奏している人を見かけましたが、規約違反になるので止めましょう。
ボカロ曲でも作者が許可していなければアウトだし、著作権フリー曲でも使用条件から外れていればアウトですので要注意。

②FF14のゲーム内演奏を動画にしてアップしてもいい曲って?
・ファイナルファンタジーXIVゲーム内で使用されている楽曲
 (Answers/Dragonsong/Revolutions(アレンジ曲含む)は除く)
・GLAYの「the other end of the globe」

こちらは演奏してもいい曲よりさらに幅が狭まります。(2017/12/4時点)
ファイナルファンタジーXIV 著作物利用許諾条件 も合わせてご確認ください。



第38回 FFXIVプロデューサーレターLIVEにおいて、吉田P/Dは明言しました。

一つ約束していただきたいのは、できればXIVの曲を演奏していただきたい。
特に動画に上げるとか生放送しちゃうのはやめていただきたい。
そうなると我々はこの機能を封鎖する覚悟があります。
そうなると封鎖せざるを得なくなりますので、はっきりいいますけど
ぜひXIVの曲を演奏していただきたい。


もしこの楽器演奏機能が無法地帯と化して外部の利権団体と揉めるような事態になれば、吉田P/Dは有言実行、確実に演奏機能を封鎖すると思います。
某ネトゲの運営と違い、スクエニは封鎖すると言ったら必ずします。

そうなってしまってからでは遅いのです。

規約違反の演奏をしている人は、このような規約を知らずに演奏しているのだと思います。
もしお知り合いにそのような方がいたら、ぜひこのことを伝えて欲しい!

明日のエオルゼアが音楽であふれているために!


コメント

  1. あいら | URL | -

    以前過去の記事も読ませてもらったけど、文章から感じる以上にぶりさんのダメージ大きかった出来事だったんだね
    ルール…特に法律は知らなかったが通じない
    知らない事そのものが罪になるんだよね
    素敵なハープの音色がいつでも街にあふれるように、わたしも願っています

  2. ブリさん | URL | -

    ログインしてる理由の9割が演奏だったので大ダメージだったよ^^;
    でも本当はそうなる前にちゃんとしないといけなかったんだよね。
    FFではそのへんを最初から気をつけて行こうと思ってますb

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michishirabe.blog134.fc2.com/tb.php/367-6275572c
この記事へのトラックバック